有田川町のふるさと納税

 

「有田川がつなぐ、人と自然、山とまち 交流が未来をつむぐ 有田川町」テキストロゴ
 

有田川町は豊かな自然に恵まれ、

幾多の歴史文化と伝統に彩られた

農林業が自慢のまち。

豊かな自然が生み出した逸品がたくさん!

 

「有田川町に寄附をする!(寄附の方法)」テキストボタン

 

 

有田川町ってこんなとこ

有田川町の位置図

有田川町(ありだがわちょう)は、和歌山県のほぼ中央部に位置する人口約2万6,000人の町。
平成18年に吉備町・金屋町・清水町の3町が合併してできました。

東西に流れる「有田川」を中心に、豊かな自然景観が広がっています。

農作物の栽培は「有田みかん」を中心とした柑橘がメイン。そのほか温暖な気候を活かし、1次産業が盛んに行われています。
また当町は山椒の生産量が日本一。香りが豊かで粒が大きい「ぶどう山椒」という品種が作られています。

 

 

返礼品紹介

和歌山県を代表する果物と言えば、
なんといっても有田みかん。

有田川町はその主産地で、
味が濃厚で甘酸っぱく、おすすめの逸品です。

このほか、生産量日本一の「ぶどう山椒」や、
紀州南高梅をつかったうめぼしなどを取り扱っています。

 

みかんの写真に「返礼品(うめぼし・みかん・フルーツなどなど!)」とテキストが書かれた画像
(上記画像をクリックで「ふるさとチョイス」内、有田川町のページに移ります)
 
 
 
 
 

ふるさと納税とは

“納税”と言いますが、実際は都道府県や市区町村への「寄附」です。

寄附を通じて、特産品がもらえたり税金の控除が受けられたりする制度です。
自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができます。

 

 

寄附金の使い道

有田川町では寄附金の使い道を
6つの中からお選びいただけます。

 

寄附金の使い道「1.だれもが生き生きと暮らせる福祉社会の実現事業」「2.地域の特性を活かした産業・観光の活性化事業」「3.自然と共生し、快適に暮らせる生活基盤の整備事業」「4.可能性を伸ばしまちを豊かにする教育・学習の推進事業」「5.住民参加とさまざまな交流によりひらかれたまちづくり事業」「6.町長おまかせ」

リンクバナー「詳しくはこちら」

 

 

有田川町に寄附をする

有田川町ではポータルサイトを利用して寄附をする方法と、
有田川町役場に直接申込書をお送りいただく方法とがあります。

ふるさとチョイスへの外部リンクバナー

楽天ふるさと納税への外部リンクバナー

ふるなびへの外部リンクバナー

有田川町への寄附方法(内部リンク)バナー

 

 

ガバメントクラウドファンディング

ガバメントクラウドファンディングサイト「Readyfor」への外部リンクバナー

2019年9月27日(金曜日)~10月31日(水曜日)の期間中、有田川町ではクラウドファンディング「“有鉄”キハ58、ハイモ180と走った線路をこれからも守り続ける」を行いました。

【目標達成しました!】
2019年9月27日よりスタートしたガバメントクラウドファンディング(GCF)「開園10周年!有田川鉄道公園の線路を修復し、歴史を未来へ紡ぐ。」は、目標金額を大きく上回る1,550,000円のご支援をいただくことができ、プロジェクトを成立させることができました!

多くのご支援いただき、誠にありがとうございました。

 

【プロジェクト内容】
2020年3月で開園10周年を迎える有田川鉄道公園。

一人でも多くの皆様に楽しんでいただけるような場所にするため、より安心安全な環境づくりをしていきたいと考え、傷んでしまっている線路の一部を修復することにしました。
また、路線運行当時に使われていたものと同様の警報器を設置することで、より過去へ思いを馳せられるような場所にしていきたいと考えています。

 

 

 

 

ふるさと納税の実績

平成30年度は、12,880件、2憶3,097万6,000円のご寄附を賜りました。

 

 

お問い合わせ

各種お問い合わせについては、下記のリンクからお問い合わせ先を確認していただき、ご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

企画調整課
〒643-0021 和歌山県有田郡有田川町大字下津野2018-4

電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-52-3210
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年03月27日