一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療費助成事業

有田川町では、不妊治療(体外受精及び顕微授精を除く不妊治療とする。以下「一般不妊治療」という。)に要する費用の一部を助成することにより、その経済的負担の軽減を図り、不妊治療を受けやすくできる環境づくりを行っています。

対象者

  • 法律上、婚姻している夫婦
  • 夫または妻のいずれか一方、あるいは両者が和歌山県内に1年以上住民登録していること。
  • 各種医療保険に加入していること。
  • 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること。

助成額

1年度につき上限3万円

助成期間

連続する2年間(24か月)

(注意)治療中断による助成期間の延長は認めません。

助成対象治療

助成対象治療となるのは、下記の治療・検査です。(平成23年4月治療分から助成対象項目が増えました)

不妊症

タイミング療法(不妊相談) 、 薬物療法(内服・注射) 、 腹腔(子宮)鏡手術 、 その他手術 、 人工授精 、 検査 、 その他

不育症

薬物療法(内服・注射) 、 検査 、 手術 、 その他 (平成23年4月1日以降の治療分が助成の対象)

申請書類

1と2の様式は下記のリンクからダウンロード可能です。

3、戸籍謄本及び附票

4、住民票(夫婦の住所を確認できる書類)

5、所得証明書(夫及び妻の分)

6、一般不妊治療のための院外処方に要した費用に係る領収書

(注意)3、4、5については、平成25年4月申請から有田川町で交付できるものについては、無料交付券をお渡しします。

申請期間

申請は、年度区切りで受け付けます。
(注意)治療を受けた最終月日によって、申請期限が違います。

(例) 4月から12月までの間に治療を受けた場合は 翌3月末まで、 4月から翌1月までの間に治療を受けた場合 は 翌4月末まで、 4月から翌2月までの間に治療を受けた場合は 翌5月末まで 、4月から翌3月までの間に治療を受けた場合は 翌6月末まで

助成期間は、2年間(24か月)ですが、申請は1年度ごとにしてください。2年間まとめての申請は、受付できません。

申請方法

申請書に関係書類を添付して、有田川町金屋庁舎健康推進課または清水行政局住民福祉室まで提出。

(注意)申請書様式1と2.は、このページのPDFファイルをダウンロードしていただくか、もしくは、有田川町金屋庁舎健康推進課または清水行政局住民福祉室にあります。

不妊専門相談「令和元年度 こうのとり相談」

不妊で悩んでいる方が気軽に相談できる窓口として、不妊に関する情報提供や医学的な相談・心の悩み相談、指導を行います。

不妊相談について
担当
  • 吉岡レディースクリニック院長 吉岡潤医師(偶数月)
  • くすばやし医院院長 楠林秀紀医師(奇数月)
  • 保健師など
日時 ご予約いただく際に日程調整をします
場所 湯浅保健所1階診察室
予約、問い合わせ先 湯浅保健所保健福祉課(電話 0737-64-1294)

このページに関するお問い合わせ

健康推進課
〒643-0153 和歌山県有田郡有田川町大字中井原136-2

電話番号:0737-22-4503(直通、平日8時30分~17時15分)
電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-32-3644
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年05月22日