児童福祉・母子福祉

1)児童手当

出生から中学校修了まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)の子どもを養育している方に支給されます。公務員(独立行政法人等は除く)の方は所属庁からの支給になります。

児童手当は、原則、申請した月の翌月から支給されます。ただし、事由発生日(お子さんの出生日等)の翌日から数えて15日以内の申請であれば、翌月の申請であっても事由発生月に申請があったものとみなすことができます。 申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなることがありますので、ご注意ください。

手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し
  • 請求者名義の金融機関の口座番号が分かるもの
  • 個人番号が確認できる書類(個人番号カードまたは通知カード)
  • 請求者の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、パスポートなど)

対象者のみ、下記書類も添付してください。

  • 対象児童が町外に住所を有する場合、 児童の属する世帯全員の省略のない住民票
  • その他支給事由や状況に応じて必要な書類

 

児童手当の支給時期

原則として、6月、10月、2月に、それぞれ前月分までの手当を支給します。

 

児童手当額(月額)

0~3歳未満(一律) 15,000円
3歳~小学校終了前(第1子、第2子) 10,000円
3歳~小学校終了前(第3子以降) 15,000円
中学生(一律) 10,000円
所得制限以上(一律) 5,000円

 

児童手当所得制限度額
扶養親族等の数 所得制限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960.0
4人 774 1002.1
5人 812 1042.1

「収入額の目安」は給与収入のみで計算しています。ご注意ください。 【厚生労働省ホームページ】

2)児童扶養手当

父母の離婚や死亡などで、父または母と生計を同じくしていない児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、または、20歳未満で一定の障害のある者)が育成されるひとり親家庭等の生活の安定と自立を促進し、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。手当を受けるためには、状況に応じた必要書類を添えて申請が必要です。

ただし、申請者の所得や生計同一の扶養義務者の所得、または年金の受給状況によって支給制限があります。 詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

児童扶養手当の支給時期

手当は、県知事の認定を受けると、請求した日の属する月の翌月分から支給され、年3回(4月、8月12月)、支払日の前月までの分が支払われます。

注意:2019年11月支給(8月分から10月分)から、年3回(4月、8月、12月)から、年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)の隔月支払いに変更となります。

 

児童扶養手当額(月額)
  全部支給 一部支給
第1子 42,910円 42,900円~10,120円
第2子 10,140円 10,130円~5,070円
第3子以降 6,080円 6,070円~3,040円

注意:平成31年4月時点の手当額

3)特別児童扶養手当

下記のリンクをご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

やすらぎ福祉課
〒643-0153 和歌山県有田郡有田川町大字中井原136-2

電話番号:0737-22-4501(直通、平日8時30分~17時15分)
電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-32-3575
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年09月25日