令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

目的

食費等の物価高騰に直面し、特に影響を受ける低所得の子育て世帯に対し、特別給付金を支給することにより、その実情を踏まえた生活の支援を行うものです。

 

その他世帯分を申請する方はその他世帯分のページをご覧ください。

給付額

対象児童1人当たり一律5万円(1回限り)

 

 

対象者

次のうち、いずれかに該当する方が対象となります。

ア)令和5年3月分または4月分の児童扶養手当受給者
 

イ)公的年金を受けていることにより、令和5年3月分の児童扶養手当の支給を受けていない方(児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る場合のみ)
 

ウ)食費等の物価高騰の影響を受けて家計が急変し、令和5年1月以降の1ヶ月の収入が児童扶養手当の対象となる水準に下がった方


【注意】 すでに令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)を受給済みの方は対象外となります。

児童扶養手当支給目安収入額表

収入が下記の表の額未満になった場合に児童扶養手当が支給される目安の表です。上記の対象またはに該当する方は参考にご確認ください。

児童扶養手当支給目安収入額表
扶養親族の人数 申請者(父母) 申請者(養育者)・扶養義務者
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円
 

6人以上いる場合、475,000円/人を加算。
16歳から23歳の親族がいる場合は150,000円/人、70歳以上の親族がいる場合は100,000円/人加算。

6人以上いる場合、475,000円/人を加算。
70歳以上の親族がいる場合は60,000円/人加算。

【注意】扶養義務者とは、申請者からみて 配偶者・父母・祖父母・曾祖父母・子・孫・曾孫・兄弟姉妹 を指します。

【注意】申請者本人のほかに同居している扶養義務者全員についても収入額の確認が必要です。

 

 

申請方法

対象アに該当する方は申請不要です。
5月29日に児童扶養手当の受給口座に振込予定です。
 

対象イまたはに該当する方は申請が必要ですので、下記の書類をもって申請してください。

 

 

必要書類

 

  • 本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・年金手帳・介護保険証・パスポートなど)
  • 受取口座を確認できる書類の写し(通帳・キャッシュカードなど)
  • 年間収入額が分かる書類(給与明細書・年金振込通知書・令和4年度課税証明書など)
  • 戸籍謄本
  • 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金申請書
  • 簡易な収入(所得)見込額の申立書


【備考】申請書と申立書については、窓口にてお渡しします。 

 

 

申請受付について

有田川町役場金屋庁舎やすらぎ福祉課にて受け付けます。

期間:令和6年2月29日(木曜日)まで

 

 

給付金に関するお問い合わせ

給付金に関する制度など、一般的なお問い合わせには、厚生労働省が開設したコールセンターが対応しています。

  • 厚生労働省コールセンター
    電話番号:0120-400-903
    時間:午前9時から午後6時(平日のみ)

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

やすらぎ福祉課
〒643-0153 和歌山県有田郡有田川町大字中井原136-2

電話番号:0737-22-4501(直通、平日8時30分~17時15分)
電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-32-3575
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2023年05月26日