【情報提供のお願い】カシノナガキクイムシによる被害

カシノナガキクイムシは、備長炭の原木であるウバメガシなど、カシ類・ナラ類の樹木を枯死させ、森林生態系にも影響を及ぼすことが懸念されています。平成27年度には日高郡まで被害箇所が北上しており、有田郡市でも今後数年以内に被害が発生し、蔓延する可能性があります。

 

確認のポイント
毎年、9月・10月ごろに木全体が枯れます。また、近くで見ると樹幹にフラス(木粉)が出ています。11月中旬を過ぎると紅葉と混ざって分かりづらくなりますが、紅葉前から枯れている木があれば、情報提供をお願いします。 詳しくは、有田川町役場産業課までお問い合わせください。

 

このページに関するお問い合わせ

林務課
〒643-0153 和歌山県有田郡有田川町大字中井原136-2

電話番号:0737-22-4525(直通、平日8時30分~17時15分)
電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-32-4827
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年04月01日