有田川町応援クーポン事業(第2弾)

有田川町応援クーポン(第2弾)のトップ画像

最新情報

令和3年2月1日より配達していた有田川町応援クーポン(第2弾)を受け取ることができなかった方の分は、役場(金屋庁舎商工観光課)で保管しています。
クーポンは商工観光課窓口でのお渡しとなります。下記の受領証と本人確認書類の写しを提出し、クーポンの受け取りをお願いします。

なお、受け取り可能日が土日祝のみの場合は、商工観光課まで事前にご相談ください。

制度の概要

新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い、外出自粛等を余儀なくされている有田川町民への生活支援と、消費の落ち込みにより業績に大きな影響が及んでいる町内事業者への支援や景気対策のため、有田川町民全員を対象として有田川町応援クーポン(第2弾)の発行を予定してします。
 

有田川町応援クーポンは町内の対象店舗で使用できます。
 

注意:令和2年6月に配布した有田川町応援クーポン(第1弾)の利用期限は令和3年2月28日(日曜日)です。お忘れなくご利用ください。

有田川町応援クーポンの概要

クーポンの見本

一人あたり10,000円のクーポン(1枚あたり500円の20枚綴り)を世帯主宛てに世帯主分含め同一世帯の家族分のクーポンを郵送します。

発行総額は約2億6,300万円です。(予定)

郵送時期

令和3年2月上旬にレターパックプラス(特定封筒郵便物、対面授受)等による郵送を行います。

注意事項

【使用可能期間】
クーポンが届いた日から令和3年7月31日(土曜日)まで。有効期限を過ぎると無効になります。

【その他注意事項】

  • 有田川町応援クーポンは対象店舗でのみご使用になれます。
  • 転売、現金との引き換え、及びその他の商品券や他の金券との交換はできません。
  • 出資または債務、たばこ等への支払いには使用できません。
  • 盗難、紛失または滅失に関して町は責を負いません。
  • 釣銭のお渡しはできません。
  • 有効期限内外に関わらず現金での払い戻しはできません。

使用可能店舗一覧

有田川応援クーポン使用可能店舗(参加店舗)は下記のファイルをご覧ください。随時情報の更新を行います。

訂正とお詫び
郵送で送付している事業者一覧には「橋下鍼灸院」とありますが、正しくは「橋本鍼灸院」です。お詫びして訂正いたします。

テイクアウトができる飲食店まとめ

下記のリンクではテイクアウトができ、有田川町応援クーポンの使用可能店舗をまとめています。ご覧ください。
現在、「#ありだエール飯」プロジェクトも開催中です。ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

その他

DV避難者の方はご確認ください【受付終了】

親族等からの暴力を理由に避難されている方で、クーポン券の送付先を変更する必要がある方は下記の様式に必要事項を記入の上、令和2年12月28日(月曜日)までに、有田川町役場商工観光課までご提出ください。必要事項の聞き取りを行う場合があります。ご了承ください。

税制上の取り扱いについて

有田川町応援クーポンは税制上「一時所得」に区分され、課税対象になる場合があります。(必ずしも税負担が生じるものではありません。

注意
一時所得は、所得金額の計算上、50万円の特別控除が適用されます。他の一時所得とされる金額との合計が50万円を超えないかぎり、課税対象になりません。
一般的な給与所得者について、給与所得以外の所得が20万円以下である場合には確定申告は不要とされています。

 

 

事業者の皆さまへ

有田川町応援クーポン参加店募集中

参加店(クーポンを利用できる店舗)の参加申込を受付中です。
下記要領に該当する有田川町内の事業者は下記の「有田川町応援クーポン(第2弾)参加店要領」を必ずご確認、ご了承いただいた上で参加申込を行ってください。

様式は下記よりダウンロードいただくか、金屋庁舎商工観光課窓口でも配布しています。

第一回締め切り:令和2年12月28日(月曜日)【受付終了】
第二回締め切り:令和3年3月31日(水曜日)

注意:第一回締め切りまでに申請のあった事業者はクーポン郵送時に同封する「参加事業者一覧」に掲載します。その他、詳細は下記の要領をご確認ください。

注意:応援クーポン事業(第1弾)参加店は申請なく、引き続き応援クーポン事業(第2弾)もご参加いただけます。

有田川町応援クーポンの参加店登録をする場合は下記の「有田川町応援クーポン参加店申込書兼誓約書」をご提出ください。

参加辞退を希望される場合は要領をご確認いただき、下記の様式により期限(令和2年12月28日)までに手続きをお願いします。

有田川町応援クーポン参加店の換金請求について

注意:有田川町応援クーポン(第1弾)の請求の最終締め日は令和3年3月31日です。それ以降の請求書の受付はできません。ご注意ください。

 

換金申請受付期間と時間は次のとおりです。
期間:令和3年2月1日~令和3年8月31日(土曜日・日曜日・祝日を除く)
時間:9時~17時

請求は金屋庁舎商工観光課または清水行政局産業振興室までクーポンとともに換金請求書等の必要書類を持参してください(郵送不可)。
換金請求書は、送付しているものや下記からダウンロードしてください。

お知らせ:早急な振り込みができるよう、請求の締め日を増やしました。
請求締め日は各月10日・20日・30日(役場必着)で、準備が整い次第早急に登録のあった口座に振り込みます。請求締め日が土曜日または日曜日の場合は直前の開庁日が締め日となります。
なお換金手数料は無料です。

注意:第1弾のクーポンと第2弾のクーポンは必ず分けて請求をお願いします。第1弾のクーポンの利用期限、請求期限に変更はありません。別々の請求書による換金請求となりますが、様式に変更はありません。

リンク

このページに関するお問い合わせ

商工観光課
〒643-0153 和歌山県有田郡有田川町大字中井原136-2

電話番号:0737-22-4506(直通、平日8時30分~17時15分)
電話番号:0737-52-2111(代表)
ファクス:0737-32-9555
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年03月26日