WWW を検索 サイト内 を検索

有田川町ホームページ > 水道課 > 水道事業の紹介 > 水道課の取り組みについて

水道課の取り組みについて

災害に備えて

  水道課では、東日本大震災に日本水道協会の要請を受け、被災地の岩手県大船渡市・陸前高田市において、給水車による給水活動を行いました。また、平成23年9月の台風12号では清水地区において被害が発生し、給水タンク車による給水活動を行いました。
 この被災地給水活動の経験を活かし、災害時または断水時等に迅速な給水活動が行えるよう加圧式給水車(3,000リットル)を1台、飲料水給水水槽(500リットル)を3セット、給水袋(6リットル)を1000袋整備いたしました。この給水車には加圧ポンプを装備していますので、高い所や道路の狭い所でも水を送水することができます。
 災害時には、最低一日一人3リットルの水が必要と言われており、皆様のご家庭でも日頃から防災意識を持ち、災害に備えておきましょう。

     給水車

     飲料水給水水槽

     給水袋


飲料水の備蓄を!

 このたび、有田川町では、町民の皆様に災害への備えとして備蓄していただくために長期保存が可能な災害用備蓄水を製造し、販売を開始します。
 東南海・南海地震の発生が懸念されている中で、もしこのような大規模災害等が発生した場合、水道管の破損等により水道の供給停止ということも想定されます。
 また、交通手段の途絶や道路崩壊などにより、応急給水活動の体制が整うまでに時間がかかることも予想されます。  そこで頼りとなるのは、ご家庭で備蓄していただく飲料水です。
 一般的に一人1日3リットルの飲料水が必要とされ、これは今回製造した災害用備蓄水に換算すると一人1日6本、4人家族であれば24本が必要となり、最低でも3日分を備蓄していただくと安心といわれています。
  いざという時のために、ご家庭での飲料水備蓄の必要性をご理解いただき、飲料水の備蓄にご協力をお願いします。

     有田川神聖水

★商品名★   「有田川神聖水」
★販売単位★ 1本〜 (1本 500ml ペットボトル)
★販売価格★ 100円(税込)
★賞味期限★ 5年(キャップへ印字)


      販売店一覧表(PDF)


 ・販売先に関するお問い合わせ  有田川町商工会(0737-52-5701)