トップ消防本部ホームペ ージ住宅用火災警報器>警報器の種類


●住宅用火災警報器の種類

煙式(光電式) 寝室・階段・台所など

煙が火災警報器に入ると音や音声でお知らせします。

火災・ガス漏れ複合型

住宅用火災警報器とガス漏れ警報器の機能を複合した警報器


これらの火災警報器には「電池を使うもの」や「家庭用電源(AC100V)を使うもの」があります。

●補助装置

高齢者の方、目や耳の不自由な方には、音や光の出る補助警報装置の増設をおすすめします。


●注意事項

 乾電池タイプの住宅用火災警報器は、電池の交換が必要です。

    電池切れの警報が出た場合に、交換する必要があります。

〇 住宅用火災警報器の交換期限がきたら交換してください。

  (自動試験機能が付加されている機器を除きます。)

   購入時に「取扱い説明書」「点検方法」など確認してください。

〇 自動火災報知設備又はスプリンクラー設備が設置されている場合は、火災警報器の設置の必要はありません。 

悪質業者に注意!

 高齢者の方や一人暮らしの方を狙った訪問販売や電話による勧誘から「住宅用火災警報器」の購入を迫られることが予想されます。
 特に
注意が必要です。

 無条件解約(クーリング・オフ)の対象になります。
 

    〔ご不明な点は下記までお問い合わせください〕

         有田川町消防本部予防課  52−7199

           吉備金屋署予防指導係   52−5950

              署予防指導係    25−1243