火災予防条例が改正されました

 平成25年8月に京都府福知山市の花火大会において露店から発生した火災

を踏まえ火災予防条例が改正され、平成26年7月1日より施行されています。

 改正の内容   


 

屋内、屋外での催しにおける消火器の準備

 

お祭り・イベントなど(祭礼、縁日、花火大会)不特定多数の人が集まる催しで、

対象火気器具等(移動式コンロ、発動発電機、ストーブ、その他の火気使用器具)

を使用する場合は、消火器の設置必要となります。

 

対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合の届出

上記のような大勢の人が集まる催しにおいて、対象火気器具等を使用する露店等

を開設する場合は「露店等の開設届出書」の届出必要となります。

 

※基本的には露店を開設する方が届出をすることになりますが、複数の露店等

のグループが出店している場合は、各グループの代表者の1人が代表して又は、

催しの主催者が代表して取りまとめて届出して下さい。  

※近親者で行うバーべキューなど個人的なつながり留まる場合などは対象外となります



  

上記に関する相談はお気軽にお電話下さい!

 

この記事に関する問い合わせ

有田川町消防本部 予防課

0737−52−7199