現在の位置:有田川町トップページ >  暮らし >  税金 >  小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)も軽自動車税の対象に

小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)も軽自動車税の対象に

乗用のトラクターやコンバイン、田植機など(農耕用の小型特殊自動車)をお持ちの方へ

乗用装置のある「トラクター」「コンバイン」「田植機」などは、軽自動車税が課税されます(申告必要)。
↓     ↓     ↓
軽自動車税の申告をして、ナンバープレートの交付を受けてください。

【申告に必要なもの】
 ○所有者・使用者の印鑑
 ○車名・型式・車体番号などが確認できるもの(販売証明書等)
 ○中古車・譲り受けの場合は廃車済証・石刷り等


[問田んぼや畑でしか使わない(公道を走らない)のに、ナンバープレートをつけなくてはならないの?

 (答)軽自動車税は所有していることで課税されます。公道走行の有無とは無関係です。
    所有している場合は必ず申告してください。(使用していなくても課税されます)

[問農耕用特殊自動車には、どんな車両があるの?

 (答)農耕トラクターや農業用薬剤散布車、刈取り脱穀作業車(コンバイン)、田植機などで、
    乗用装置のあるものが対象です。
    このうち最高速度が35km/h未満のものが農耕用の小型特殊自動車となります。

[問税額はいくらですか?

 (答)税額は、年間2,400円です。

※上記の小型特殊自動車の要件を満たさない場合は、大型特殊自動車に該当します。
 事業用資産の場合は、固定資産税(償却資産)の対象となりますので、必ず申告等の手続きをお願いします。

小型特殊自動車に該当するフォークリフトなどをお持ちの方へ

小型特殊自動車に該当する「フォークリフト」などは、軽自動車税が課税されます(申告必要)。
<固定資産税(償却資産)は課税されません>
↓     ↓     ↓
軽自動車税の申告をして、ナンバープレートの交付を受けてください。

【申告に必要なもの】
 ○所有者・使用者の印鑑
 ○車名・型式・車体番号などが確認できるもの(販売証明書等)
 ○中古車・譲り受けの場合は廃車済証・石刷り等
 

[問工場内でしか使わない(公道を走らない)のに、ナンバープレートをつけなくてはならないの?

 (答)軽自動車税は所有していることで課税されます。公道走行の有無とは無関係です。
    所有している場合は必ず申告してください。(使用していなくても課税されます)

[問小型特殊自動車には、フォークリフト以外にどんな車両があるの?

 (答)ショベルローダーやタイヤローラー、グレーダ、アスファルトフィッシャー、ターレット式構内運搬自動車、
    林内作業車、草刈作業車などがあります。

[問小型特殊自動車と大型特殊自動車の違いは?

 (答)1.車両の長さ4.7m以下
    2.車両の幅1.7m以下
    3.車両の高さ2.8m以下
    4.最高速度15km/h以下
    1~4の全ての要件の範囲内であれば小型特殊、それ以外は大型特殊になります。

[問税額はいくらですか?

 (答)税額は、年間5,900円です。

※上記の小型特殊自動車の要件を満たさない場合は、大型特殊自動車に該当します。
 事業用資産の場合は、固定資産税(償却資産)の対象となりますので、必ず申告等の手続きをお願いします。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
吉備庁舎:税務課 Fax 0737-52-7821