現在の位置:有田川町トップページ >  暮らし >  その他 >  熱中症に注意!水分補給と周囲への声かけを

熱中症に注意!水分補給と周囲への声かけを

熱中症による健康被害が発生しています

熱中症は、気温が高い屋外だけでなく、曇りの日や室内、夜間寝ているときや室内でも発症します。
また、年齢を問わず注意することはもちろんのことですが、特に高齢者や乳幼児に対しては周りの人たちの十分な配慮が必要です。

熱中症予防のために

暑さを避ける

室内では

  • エアコンなどで温度を調節
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用する
  • 室温をこまめに確認
  • WBGT値も参考に

外出時には

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために

  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤・氷・冷たいタオルなどで体を冷やす

こまめに水分を補給する

室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
大量に発汗する状況では、経口補水液など、塩分等も含んで補給しましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

熱中症の症状

  • めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむら返り・気分が悪い
  • 頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・いつもと様子が違う

さらに重症になると、
返事がおかしい・意識消失・けいれん・からだが熱い、などの状態になります。

熱中症が疑われる人を見かけたら

  • 「涼しい場所へ」
    エアコンが効いている室内や、風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる
  • 「からだを冷やす」
    衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に首の回り・わきの下・足の付け根など)
  • 「水分補給」
    水分・塩分・スポーツドリンク・経口補水液などを補給する

自力で水が飲めない場合や意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

参考外部サイト

環境省 熱中症予防情報サイト

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)