現在の位置:有田川町トップページ >  暮らし >  いざと言う時に >  防災情報<有田川洪水ハザードマップ>

防災情報<有田川洪水ハザードマップ>

土砂災害から身を守るために

 思いもよらない大規模な土砂災害が全国で起こっています。自分たちの身を守るために、大雨や台風の接近が予想される際は十分注意してください。

1.お住まいの場所が、土砂災害危険箇所か確認する。
  土砂災害マップ(和歌山県砂防課)

2.土砂災害警戒情報や雨量の情報に注意する。
  土砂災害警戒情報(和歌山県砂防課)
  有田川浸水想定区域図(和歌山県河川課)
  エリアメール・緊急速報メールの配信(和歌山県総合防災課)

3.大雨時や土砂災害警戒情報が発表された際には早めに避難する。
  夜間に大雨が予想される際は暗くなる前に避難する。

啓発チラシ(土砂災害から身を守るために知っておいてください)

※詳しくは、和歌山県ホームページをご覧ください。

有田川洪水ハザードマップ 

下記のリンクから内容をご覧いただけます。
※容量が大きいのでご注意ください。 

有田川洪水ハザードマップ(西部) [PDF形式(18.0MB): JPEG形式(1.62MB)]
有田川洪水ハザードマップ(東部) [PDF形式(11.6MB): JPEG形式(3.03MB)]

有田川町指定避難所

下記のリンクから内容をご覧いただけます。

有田川町指定避難所(PDFファイル)

防災対策

 地震や風水害などによる災害が予測されるときや発生したときは、役場内に「災害対策本部」を設置し、被害を最小限にとどめるための情報収集、被害調査、災害復旧などにあたります。 しかしながら、災害の規模によっては個々の要望に対応することが難しくなりますので、地域で協力し助け合うことが必要です。
 災害はいつ起こるかわかりません。非常時に備え、普段から防災用品の準備・点検を行い、災害が起きた時の対応や避難場所についても各家庭・地域で確認しておくことが大切です。

緊急時の情報

 災害の発生が予測される場合や災害発生時において、的確な情報を速やかに町民の皆さんに伝達する緊急の通信施設として、防災行政無線が整備されています。 緊急情報をよく聞き、正確な情報を把握し、落ち着いた行動をとるようにしてください。

り災証明の申請について

 台風等自然災害により被害を受け、災害保険等の支払いを請求するために必要となった場合、申請により証明書を発行します。

1) 申請の時期 被災し修繕するまで。(約10日以内)
2) 申請者 建物等の所有者
3) 申請に必要なもの ・被災状況がわかる写真(2~3枚)
・印鑑
・手数料(200円)

有田川町地域防災計画

 有田川町地域防災計画は、災害対策基本法に基づき、有田川町防災会議が作成する計画です。町、県、指定地方行政機関、指定地方公共機関等の防災関係機関が有する機能を有効に発揮して、町の地域におけるすべての災害に係る災害予防、災害応急対策および災害復旧を実施することにより、町土並びに町民の生命・身体および財産を災害から保護することを目的としています。

下記のリンクから内容をご覧いただけます。
有田川町地域防災計画(PDFファイル)
有田川町地域防災計画資料編(PDFファイル)

有田川町地震防災アクションプログラム

 有田川町地震防災アクションプログラムは、東南海・南海地震など大規模災害に事前に備え、災害発生時に迅速適切な対策を実施し、被害を最小限にすることを目標として、今後町として取り組むべき施策を体系化した行動計画です。
有田川町地震防災アクションプログラム(PDFファイル)

 

防災関係リンク(県ホームページ)
和歌山県河川雨量情報<有田振興局管内>
有田川浸水想定区域図
土砂災害マップ
和歌山県地震被害想定調査概要

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代)
吉備庁舎:総務課 Fax 0737-52-3210
清水行政局:総務政策室 Fax 0737-25-1250