現在の位置:有田川町トップページ >  暮らし >  いざと言う時に >  消防情報

消防情報

各種消防情報について掲載している

「有田川町消防本部ホームページ」はこちらです

 

火災・救急・救助 は 119

119番通報は、あわてず、落ち着いて、正確に! 119番をかけると、消防はまず「火事ですか?」 「救急車の要請ですか?」と聞きます。必要なことを順に問いかけますので、ゆっくり、落ち着いて答えてください。

○携帯電話での119番通報の注意事項

  • 携帯電話の利用は一般電話(IP電話)が利用できない場合に使用するようにお願いします。
  • 電波状態により通話が途切れる場合があるので、できるだけ移動しないようにしてください。
  • 通報場所により、有田川町以外の消防本部が受信する場合がありますので、ご注意ください。
  • 車の運転中は通報できません。停車してから通報してください。
119番通報のポイント
もし火事なら…火事です。 
もし救急なら…救急車をお願いします。 ※ケガ人の状態をお聞きいたします。 
救助も必要なら救助。 
発生場所の字名・番地も必要です。 
場所はできるだけ詳しく目標物があれば言ってください。 
通報者の氏名・電話番号もお願いします。

 

病院照会

○救急医療情報センター  tel 073-426-1199 fax 073-426-1251

○わかやま医療情報ネット http://www.wakayama.qq-net.jp/

防火管理講習

消防法第8条では、店舗や事業所などの用途として政令で定める防火対象物その他多数の者が出入し、勤務し、または居住する一定人数以上の収容人員を有する場合については、その管理権原者に防火管理の責任者「防火管理者」の選任を義務づけしています。

また、当該防火管理者は、消防訓練の実施や消防設備の維持管理などの防火管理上必要な業務を行わなければなりません。

防火管理講習は、この「防火管理に関する資格」を取得するための講習です。

普通救命講習のご案内

あなたのまわりで人が倒れた! 救急車が着くまでどうしよう。 愛する家族、恋人、仲間、友人や同僚を救うのは、そばにいる自分であると認識して、普通救命講習を受講しませんか。
地域や職場等、グループ等でおおむね5名以上で受講できます。受講時間は3時間。受講料は無料です。
受講を終了された方には、普通救命講習修了証(カード)が交付されます。
皆さんのご要望にできるだけ対応したいと考えています。 受講場所等詳しくは、有田川町消防本部、各消防署にお問い合わせください。

住宅用火災警報器

消防法の改正により、有田川町火災予防条例で、私たちの住宅にも「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられます。 新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅は平成23年6月1日から適用されます。 設置場所は、寝室、階段などが義務付けられ、自主的に台所などにも設置することとされています。 住宅用火災警報器の種類は、「単独型」と「連動型」があります。 全国の住宅による死者の数が増えている現状から、逃げ遅れをなくすため、この法律が定められました。

悪徳業者に注意!
消火器の訪問販売と同じ手口で、高齢者や一人暮らしの方を狙った電話による勧誘や、
訪問販売により購入を迫るといったことが予想されます。
注意してください。住宅用火災警報器は、無条件解約(クーリング・オフ)の対象になります。

 

消防行事
01月26日 文化財防火デー
03月01日~07日 春の火災予防週間
03月07日 消防記念日
06月 第2週 危険物安全週間
09月01日 防災の日
09月09日 救急の日
11月09日 119番の日
11月09日~15日 秋の火災予防週間

 

自分たちの地域は自分たちで守る!
自らの身を守り、家を守り、向こう三軒両隣の精神で地域を災害から守りましょう。

 

連絡先
有田川町消防本部 Tel 52-5950 Fax 52-5952
吉備金屋消防署  Tel 52-5950 Fax 52-5952
清水消防署    Tel 25-1243 Fax 25-1244
消防団
吉備庁舎 総務課     Tel 0737-52-2111(代) Fax 0737-52-3210

清水行政局 総務政策室  Tel 0737-52-2111(代) Fax 0737-25-1250
分団の管轄区域は、合併後も変わりありません。