現在の位置:有田川町トップページ >  暮らし >  保険・年金 >  国民健康保険

国民健康保険

高額医療・高額介護合算制度について 【PDF形式】

種類・加入条件・自己負担割合

種類加入できる条件6歳未満69歳70歳以上
一般

職場の健康保険や長寿医療制度に加入している人、 生活保護を受けている人、以外の全ての人。

医療費の2割 医療費の3割 医療費の2割または3割
(所得に応じて負担が異なります)
退職者医療制度 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、
その加入期間が20年以上、 もしくは40歳以降に10年以上加入期間のある人。

こんな時は届出を!

国民健康保険
に加入するとき
手続きが必要なとき 手続きに必要なもの
他の市町村から転入したとき 印鑑、転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき 印鑑、被扶養者でなくなったことが分かる証明書
子供が産まれたとき 印鑑、保険証
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書
国民健康保険
をやめるとき
他の市町村に転出するとき 印鑑、保険証
職場の健康保険に加入したとき 印鑑、国民健康保険と職場の健康保険の両方の保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき 印鑑、国民健康保険と職場の健康保険の両方の保険証
死亡したとき 印鑑、保険証
生活保護を受け始めたとき 印鑑、保険証、保護開始決定通知書
その他 町内で住所が変わったとき
世帯主や氏名が変わったとき
印鑑、保険証

国民健康保険の給付

種類 給付の内容
出産育児一時金 お母さんが国民健康保険に加入されている方に、42万円(産科医療保障制度に加入していない病院等での分娩は、40.4万円)が支給されます。*社会保険の加入の方は、お勤め先に申請してください。
①直接支払い制度を利用される方

町から病院へ直接お支払いをします。差額がある方は、差額分を支給しますので、印鑑・世帯主の口座番号が分かるもの・専用請求書の内容と相違がない旨が記載された領収書をご持参ください。

②直接支払い制度を利用されない方
町から世帯主へお支払いをします。印鑑・世帯主の口座番号が分かるもの・直接支払い制度を利用しない旨の合意文書の写しと利用しない旨が記載された領収書 をご持参ください。
療養給付費 病気やけがで保険証を提示し診察を受けた場合、医療費の7 ~9割は国保が負担し、残りを加入者が負担することになります。
また、入院時の食事代は、医療費とは別に国保が負担し、一部(標準負担額)を加入者が負担することになります。
療養費 柔道整復師の施術、あんま、はり、灸などの施術費、コルセットなどの補装具などの費用について、審査決定した額の7~9割を払い戻します。申請には医師の意見書・領収書などが必要な場合があります。
高額療養費 1ヵ月の医高額療養費療費の自己負担額が高額になったとき、限度額を超えた分があとから払い戻されます。申請には領収書が必要になりますので保管しておいてください。
葬祭費 被保険者が亡くなったとき、その葬祭を行った人に3万円を支給します。

(※金額は平成27年1月1日現在)

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代)
吉備庁舎:住民課 保険年金班 Fax 0737-52-7066
金屋庁舎:やすらぎ福祉課 住民班 Fax 0737-32-3575
清水行政局:住民福祉室 住民税務班 Fax 0737-25-1268