現在の位置:有田川町トップページ >  子育て >  出産 >  新生児聴覚検査費用の一部を助成

新生児聴覚検査費用の一部を助成

有田川町新生児聴覚検査助成事業

生まれつき聞こえ(聴力)に問題をもつ赤ちゃんは、1,000人に1~2人と言われています。
早く発見し、適切な治療・援助をしてあげることが、言葉の発達の上でも大切です。
そこで、有田川町では新生児期に受けた聴覚検査費用の一部を助成します。

初回の検査において「リファー(要再検)」となった場合、確認検査(1回分)の費用の一部も助成します(上限5,000円/回)。
目的や方法を理解していただき、検査を受けていただきますようお願いします。

新生児聴覚検査とは

検査方法には大きく分けて、OAE(耳音響放射検査)とAABR(自動聴性脳幹反応検査)の2種類あり、出産後入院中の医療機関や助産所で受けられることがほとんどです。

OAEは音に反応して内耳から返ってきた反響音を検査します。
AABRは小さい音をイヤホンから聞かせて脳からの反応を検査します。
どちらの検査も痛みなどはなく、数分で終わるので検査による負担はありません。

助成申請

申請期限

検査を受けた日から1年以内

申請時に持参するもの

1.新生児聴覚検査に係る領収書(有田川町新生児聴覚検査費用助成事業用検査実施証明書が添付されている場合は不要)
2.有田川町新生児聴覚検査費助成事業用検査実施証明書または新生児聴覚検査の方法及び結果がわかる書類(写し)または母子手帳(写し)
4.印鑑
5.振込先金融機関の預金通帳等

申請書の提出が必要になります。申請先窓口に設置していますが、事前にご記入いただいてもかまいません。
有田川町新生児聴覚検査費助成金交付申請書兼交付請求書(様式第1号) 

申請先

有田川町役場 金屋庁舎健康推進課・有田川町役場 吉備庁舎住民課窓口・有田川町役場 清水行政局 住民福祉室 のいずれか

 

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
金屋庁舎:健康推進課 Fax 0737-32-3644