現在の位置:有田川町トップページ >  健康・福祉 >  高齢者 >  キャラバン・メイト連絡会

キャラバン・メイト連絡会

キャラバン・メイト連絡会

 有田川町では、認知症サポーター養成講座を担当する認知症キャラバン・メイトの情報共有やネットワーク作りなどを目的とした「有田川町キャラバン・メイト研修会」を開催しています。

●平成29年3月開催/キャラバン・メイト連絡会総会、フォローアップ研修会 
 3月16日(木)、連絡会総会を開催し、平成28年度の取り組み状況や平成29年度の目標の報告を行いました。また、運営委員さんの交代もあり、総会で承認されました。今後は会長、副会長を含む新たな10名の運営委員を中心に、来年度に向けての計画策定等の活動をしていきたいと思います。
 また、フォローアップ研修では、関西女子短期大学の三田村先生、関西福祉科学大学の家髙先生による「バリデーションについて」の講義がありました。限られた時間の講義ではありましたが、サポーター養成講座で伝えなければならない、認知症の方への基本的な姿勢や視点がいかに重要であるかが改めて理解できました。
 今後もキャラバン・メイトのスキルアップのため、みなさんのご意見を聞きながら今後の取組みを進めて行きたいと思います。みなさんも連絡会の活動へのご協力をよろしくお願いします。

バリデーション研修 講師先生と記念撮影

●平成28年5月開催/精華町との交流会
 有田川町キャラバン・メイト連絡会では、昨年度視察にお伺いした京都府精華町のキャラバン・メイト連絡会との交流やスキルアップを目的とし、5月20日、金屋文化保健センターにて交流会を開催しました。
 有田川町と精華町、それぞれの活動報告を行い、最後に意見交換会ではメイト同士で語り合い、とても有意義な時間となりました。今回の交流会を契機に、和歌山と京都と距離は離れていますが、今後とも交流を続け互いに研鑚に努める決意です。

 

●認知症キャラバン・メイト連絡会設立
 有田川町では、認知症サポーター養成講座の講師役である認知症キャラバン・メイトの活動を推進するため、有田川町キャラバン・メイト連絡会を設立しました。
 平成27年11月11日に設立総会を開催し、会員へ周知を行いました。また、県内で先駆的に立ち上げを行っている和歌山市キャラバン・メイト連絡会会長の長森秀尊氏にご講演をいただき、意見交換を行いました。今後は会長・副会長を含む10名の運営委員を中心に、来年度に向けた計画策定等の活動をしていきたいと思います。みなさんも連絡会活動へのご協力をよろしくお願いします。
有田川町キャラバン・メイト連絡会会則

●平成27年3月開催/研修会
 平成27年度は、田中克博氏(大阪府福祉部地域福祉推進室地域福祉課参事・精華町キャラバンメイト連絡会代表)を講師にお迎えし、今後の認知症施策の動向や精華町での取り組みについて、ご講演をいただきました。

 

 

 

 

●平成26年3月開催/連絡会
 それぞれの取組みに関する情報交換や、寸劇のデモンストレーションを行いました。

  

有田川町地域包括支援センターについては、こちらをご覧ください。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
金屋庁舎(吉備・金屋地域) [直通]Tel:0737-32-5102 Fax:0737-32-3575
清水行政局(清水地域) [直通]Tel:0737-25-1269 Fax:0737-25-1268