現在の位置:有田川町トップページ >  健康・福祉 >  高齢者 >  地域ケア研修会『運転を卒業するタイミング』(動画配信)

地域ケア研修会『運転を卒業するタイミング』(動画配信)

自立とは何かを考える研修会

 平成29年2月15日に開催した地域ケア研修会『認知症と車の運転』のなかで、湯浅警察署交通課交通課長/樋口勇作警部にご講演をいただきました。具体例を織り交ぜながら、単純に免許を返納するということだけでない、有田川町という地域特性の中で「長く運転ができるには」「車がなくても困らないようにするにはどうしたら良いか」などのヒントがたくさん詰まった講演です。

 YouTube => http://youtu.be/y0-cWwGCSaU

 

当日いただいたご質問にお答えします!

Q:免許証を更新しようとする途中で、認知症と診断された場合、免許取り消しになる前に返納することはできますか?

A:
病気等の関係で、医師の診断書に基づき、免許の更新ができないのであれば免許証を返納したいと申し出る方がいますが、
診断書等を警察の窓口に提出した場合は、その診断書等に基づき免許更新が可能かどうか審査されますので、
そこで免許の取り消しとなった場合は、さかのぼって返納することはできません。
返納される方は診断書等を警察の窓口に提出する前に返納の手続きをお願いします。

 

 

 

有田川町地域包括支援センターについては、こちらをご覧ください。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
金屋庁舎(吉備・金屋地域) [直通]Tel:0737-32-5102 Fax:0737-32-3575
清水行政局(清水地域) [直通]Tel:0737-25-1269 Fax:0737-25-1268