現在の位置:有田川町トップページ >  健康・福祉 >  高齢者 >  認知症Q&A

認知症Q&A

認知症の症状について、脳の精密検査の結果や、脳の細胞の萎縮の状態によって、(ガンのような)ステージ(段階)はありますか?
認知症にも何種類かあります。進行していくものもあれば、ある程度維持するものもありますが、ステージといった明確なものはありません。アルツハイマー型認知症は緩やかですが、確実に進行します。軽度⇒中度⇒重度と経過していきます。
認知症の疑いがあって初めて受診する場合、医師の診察までどのような手順で進むのですか?
病院と診療所では違うと思いますが、例えばこころの医療センターの場合、①看護師等による問診⇒②画像検査⇒③医師による鑑別診断と進みます。
問診票や診察前テストってどのようなものですか? テストは何問くらいですか?
長谷川式スケール(30問)が有名ですが、他にも色々あります。
「あなたは認知症です」と本人や家族に告知する場合、何を根拠に判断するのですか?
問診や検査結果をもとに総合的に判断します。
軽度認知症とはどのような状態ですか? また、軽度認知障害との違いは?
軽度認知症は、比較的初期段階の認知症のことです。軽度認知障害とは、認知症とまで診断にはいかないが、将来認知症を発症する可能性が高いという状態です。
認知症の症状の進行を抑える薬の開発は進んでいるようですが、これらの薬は病状の進行具合により成分が違うのですか? 現在何種類の薬が使われていますか? また、脳細胞を回復させる治療薬はないのですか?
現在、4、5種類の薬が使われています。大きく分けて2種類の作用機序があります。進行具合で増量したり、変更したりします。ただ、脳細胞を回復させる治療薬はまだありません。
一番多く使用されている薬は?
ドネペジル系の薬で、みなさんがよく耳にする名称で言うと“アリセプト”ですね。
アルツハイマーは認知症ですよね。パーキンソン病は手足が震えたりしますが、脳の記憶や考える機能は正常ですか?
パーキンソン病自体は認知症ではないのですが、パーキンソン病と認知症が合併することも考えられます。また、パーキンソン症状を呈するレビー小体型認知症もあります。
では、うつ病の場合はどうですか?
うつ病も、通常の場合であれば記憶障害はありません。自分の状態に不安を感じるために、悲しさや空虚感等の感情的な障害が起きる病気です。逆に、認知症が原因となって、その不安からうつ状態になる場合があります。また、うつ病と認知症を併発している場合もあり、注意が必要です。
認知症と診断された患者さんは最後まで定期的に診察が必要ですか?
今のところ、認知症は完全に治療することは不可能ですが、水頭症など治療すれば治る認知症もあります。また、アルツハイマー型認知症等でも、軽度・中度の時期に治療を受ければ、いくらか進行を遅らせることができます。重度になってくると、どちらかと言えば医療より介護が中心になってきますが、加齢や体の衰えとともに他の病気も出てくることが多々あります。そのためにも、かかりつけのお医者さんを作っておくことが大切です。

 

平成27年9月16日に開催された認知症フォーラムの模様はこちら

有田川町地域包括支援センターについては、こちらをご覧ください。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
金屋庁舎(吉備・金屋地域) [直通]Tel:0737-32-5102 Fax:0737-32-3575
清水行政局(清水地域) [直通]Tel:0737-25-1269 Fax:0737-25-1268