一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療費助成事業とは

有田川町では、不妊治療(体外受精及び顕微授精を除く不妊治療とする。以下「一般不妊治療」という。)に要する費用の一部を助成することにより、その経済的負担の軽減を図り、不妊治療を受けやすくできる環境づくりを行っています。

対象となる方

・法律上、婚姻している夫婦
・夫または妻のいずれか一方、あるいは両者が和歌山県内に1年以上住民登録していること。
・各種医療保険に加入していること。
・夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること。

助成内容

【助成額】1年度につき上限3万円
【助成期間】連続する2年間(24か月)※治療中断による助成期間の延長は認めません。

助成対象治療

 助成対象治療となるのは、下記の治療・検査です。(平成23年4月治療分から助成対象項目が増えました。)

不妊症 タイミング療法(不妊相談) 、 薬物療法(内服・注射) 、 腹腔(子宮)鏡手術 、 その他手術 、 人工授精 、 検査 、 その他
不育症 薬物療法(内服・注射) 、 検査 、 手術 、 その他 (平成23年4月1日以降の治療分が助成の対象)

申請書類

①と②の様式は下記のリンクからダウンロード可能です。
一般不妊治療費助成申請書(PDFファイル)…申請者がご記入ください。
一般不妊治療医療機関受診等証明書(PDFファイル)…受診した医療機関で記入してもらってください。
③戸籍謄本及び附票
④住民票(夫婦の住所を確認できる書類)
⑤所得証明書(夫及び妻の分)
⑥医療機関発行の一般不妊治療に要した費用に係る領収書

※③、④、⑤については、平成25年4月申請から有田川町で交付できるものについては、無料交付券をお渡しします。

申請期限

(以下のように変わりました!!)
・申請は、年度区切りで受け付けます。※治療を受けた最終月日によって、申請期限が違います。
・助成期間は、2年間(24か月)ですが、申請は1年度ごとにしてください。2年間まとめての申請は、受付できません。
 
(例)4月~12月までの間に治療を受けた場合  → 翌3月末まで
    
4月~翌1月までの間に治療を受けた場合 → 翌4月末まで

    
4月~翌2月までの間に治療を受けた場合 → 翌5月末まで

    
4月~翌3月までの間に治療を受けた場合 → 翌6月末まで

申請方法

・申請書に関係書類を添付して、有田川町金屋庁舎健康推進課・清水行政局住民福祉室まで提出。
※申請書様式①と②は、このページのPDFファイルをダウンロードしていただくか、もしくは、有田川町金屋庁舎健康推進課・清水行政局福祉保健課にあります。

 

不妊専門相談

 

・和歌山県の不妊専門相談員(保健師)がメールによる相談に応じます。
受付メールアドレス:e0402002@pref.wakayama.lg.jp

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代)
金屋庁舎:健康推進課 健康推進班 Fax 0737-32-3644
清水行政局:住民福祉室 福祉保健班 Fax 0737-25-1268