現在の位置:有田川町トップページ >  イベントカレンダー >  重要文化的景観選定記念シンポジウム

重要文化的景観選定記念シンポジウム


 日本の棚田百選にも選ばれ、奇観の棚田として知られる蘭島(あらぎ島)。
 有田川町のシンボルともいえるそのあらぎ島が、今年6月21日、周囲の景観とともに「蘭島及び三田・清水の農山村景観」として、国の重要文化的景観に選定するよう答申されました。幾千年にもわたり、この地に住まいした人々の営みによって形成され、先人から受け継がれてきた景観が、日本の宝として認定されたのです。また、重要文化的景観の選定は、和歌山県内では初めてのことです。
 このシンポジウムでは、棚田博士こと、中島峰広氏による、文化的景観の誕生に至る経緯とその活用についての記念講演をはじめ、すでに重要文化的景観に選定された地域でご活躍されている方々をお招きし、重要文化的景観の選定をいかのまちづくりに活かしていけるのか、参加者のみなさまとともに考えます。

■日時  平成25年 9月29日(日)
      13:30~16:30(受付/13:00~)

■会場  清水文化センター 文化ホール
     (有田川町清水963-3) 
     Googleマップ http://goo.gl/maps/dfyhI 

※入場無料・事前申し込み不要 


<プログラム>

13:00~  受付開始
13:30~  開会
13:35~  蘭島及び三田・清水の農山村景観 映像上映
13:45~  記念講演『文化的景観の誕生とその活用』
         講師:中島峰広氏(早稲田大学名誉教授)
14:45~  休憩
15:00~  シンポジウム『重要文化的景観を活かしたまちづくり』
         コーディネーター:鈴木地平氏(文化庁記念物課)
         パネラー:川上茂次氏(長崎県平戸市 根獅子集落機能再編協議会)
              松下和照氏(徳島県上勝町 樫原の棚田村)
              西林輝昌氏(有田川町 あらぎ島景観保全保存会)
16:25~   閉会   

チラシはこちら

担当課 教育委員会社会教育課
電話番号 0737-52-2111(代表)