現在の位置:有田川町トップページ >  イベントカレンダー >  ドリアン助川氏講演会[9/22(土)]

ドリアン助川氏講演会[9/22(土)]

私たちはなぜ生まれてきたのか?小説「あん」でハンセン病快復者の人生を描いた意味

■日時 平成30年9月22日(土)13時30分開演(13時開場)

■場所 金屋文化保健センター(有田川町金屋7番地)

■入場料 無料。ただし、入場整理券が必要です。

※整理券は金屋庁舎社会教育課、ALEC、きびドーム、清水行政局住民福祉室、金屋図書館・清水図書室、各出張所でお求めください。配布は9月4日(火)~

※手話通訳・一時保育も承ります。9月12日(水)までにお申し込みください。

チラシはこちら

 

ドリアン助川氏 プロフィール

作家・朗読家。日本ペンクラブ理事。

長野パラリンピック大会歌『旅立ちの時』作詞者。放送作家を経て、1990年、バンド「叫ぶ詩人の会」を結成。ラジオ深夜放送のパーソナリティとしても活躍。若者たちの苦悩を受け止め、放送文化基金賞を得る。同バンド解散後、2000年からニューヨークに3年間滞在し、日米混成バンドでライブを繰り広げる。帰国後は明川哲也の第二筆名も交え、本格的に執筆を開始。著書多数。

小説『あん』は河瀨直美監督により映画化され、2015年カンヌ国際映画祭のオープニングフィルムとなる。
また、小説そのものもフランス、イギリス、ドイツ、イタリアなど11言語に翻訳されている。 2017年、小説『あん』がフランスの「DOMITYS文学賞」と「読者による文庫本大賞(Le Prix des Lecteurs du Poche)の二冠を得る。

住所 金屋文化保健センター(有田川町金屋7)
担当課 金屋庁舎:社会教育課
電話番号 0737-52-2111(代表)