現在の位置:有田川町トップページ >  町政 >  施設利用について >  ふれあい農園の利用について

ふれあい農園の利用について

有田川町農園条例

平成18年1月1日 
条例第159号

(設置)

第1条 本町は、みかん、野菜、花き等の栽培を通じて土とふれあう場を提供することにより、町民及び都市住民の健康的な余暇活動の普及・交流を深め協力しながらふれあいの輪を広げることを目的として、有田川町ふれあい農園(以下「農園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 位置
有田川町ふれあい農園奥 有田川町大字奥539番地2
有田川町ふれあい農園長田 有田川町大字長田131番地

(区画数及び面積)

第3条 農園の区画数及び面積は、次のとおりとする。

区画数 面積(1区画につき)
150区画 約30平方メートル
長田 18区画 約20平方メートル~約70平方メートル

2 町長は、特に必要があると認めたときは、前項の区画数及び面積を変更することができる。

(利用者の公募)

第4条 農園の利用者(以下「利用者」という。)は、公募するものとする。ただし、町長が社会福祉活動及び教育活動その他公益上、必要があると認めた場合は、この限りでない。 
2 前項の公募及びその選考の方法については、規則で定める。

(利用者の範囲等)

第5条 農園を利用できる者は、本町に住所を有する者のほか、特に範囲を定めない。 
2 農園の利用区画は、原則として1世帯につき1区画とする。

(利用許可)

第6条 農園を利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。 
2 町長は、農園の管理上必要があるときは、前項の許可に条件を付することができる。 
3 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用を許可しない。  
(1) 公の秩序を乱すおそれがあるとき。  
(2) 施設、備品等を汚損し、又は破損するおそれがあるとき。  
(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があるとき。

(利用期間)

第7条 農園の利用期間は、規則で定める。

(使用料)

第8条 農園の使用料は、有田川町使用料の徴収に関する条例(平成18年有田川町条例第58号)に定めるものとする。 
2 農園の利用許可を受けた者は、使用料を前納しなければならない。 
3 既に納付した使用料は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き還付しない。  
(1) 利用者の責めに帰することができない理由により、農園を利用できない場合  
(2) 前号に掲げるもののほか、特別の理由があると町長が認めた場合 
4 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。
(1) 社会福祉活動及び教育活動その他公益上利用する場合
(2) 町長が特別な理由があると認める場合

(権利の譲渡等の禁止)

第9条 利用者は、利用許可を受けた目的以外に利用し、又は利用の権利を他人に譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(利用制限)

第10条 利用者は、次に掲げる行為をしてはならない。  
(1) 施設、備品等を汚損し、又は破損すること。  
(2) 営利を目的として農作物を栽培すること。  
(3) 建物又は工作物を設置すること。  
(4) 他人に迷惑となる行為をすること。  
(5) 前各号に掲げるもののほか、管理上支障がある行為をすること。

(利用許可の取消し等)

第11条 町長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、許可を取り消すことができる。
(1) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。  
(2) 偽りその他不正の手段により、許可を受けた事実が明らかになったとき。  
(3) 正当な理由なく耕作をしないとき。  
(4) 第6条第3項各号のいずれかに該当するに至ったとき。 
2 前項の規定による許可の取消しによって利用者に損害が生じても、町長は、その責めを負わない。

(利用者の責任)

第12条 利用者は、農園の施設、備品等の管理保全に努めなければならない。 
2 利用者は、農園の利用を終了したとき、又は前条第1項の規定により利用の許可を取り消されたときは、直ちに利用区画を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第13条 利用者は、故意又は重大な過失により、施設、備品等を破損し、又は滅失したときは、町長の定めるところにより、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の吉備町ふれあい農園条例(平成10年吉備町条例第29号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす

有田川町農園条例施行規則

平成18年1月1日 
規則第82号

(趣旨)

第1条 この規則は、有田川町農園条例(平成18年有田川町条例第159号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用者の公簿)

第2条 有田川町ふれあい農園(以下「農園」という。)の利用者の公募は、町の広報誌及び新聞広告等によって行うものとする。

(利用の申込み)

第3条 前条の募集に応募しようとする者は、町長が示す方法により町長に申し込まなければならない。

(利用者の選考及び決定)

第4条 町長は、前条の規定に基づき利用の申込みをした者の中から、利用予定者を決定するものとする。 
2 前項の場合において、申込者の数が募集した区画数を上回るときは、抽選により決定するものとする。 
3 第7条第1項の利用期間中途において空き区画が生じた場合は、前回の募集において抽選漏れになった者の中から利用予定者を決定できるものとする。

(利用の許可申請)

第5条 ふれあい農園の利用予定者は、ふれあい農園利用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(利用の許可)

第6条 町長は提出されたふれあい農園利用許可申請書について適当と認めたときは、ふれあい農園利用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(利用期間)

第7条 条例第7条に規定する農園の利用期間は、4月1日から翌年の3月25日までとする。ただし、3箇年を限度として継続して利用することができる。 
2 町長は、必要があると認めたときは、前項の利用期間を変更することができる。

(利用日及び利用時間)

第8条 農園は、年中無休とする。ただし、休憩所及び農機具庫の利用日及び利用時間は、次の各号のとおりとする。  
(1) 利用日 12月28日から翌年の1月5日までの日を除く毎日  
(2) 利用時間 日の出から日没まで 
2 町長は、必要があると認めたときは、前項の利用日及び利用時間を変更することができる。

(使用料の納入)

第9条 農園の利用者が、条例第8条第2項の規定により使用料を前納する場合は、町が発行する納入通知書により、納入するものとする。この場合において、利用許可期限が翌年度以降にわたるときは、翌年度以降の使用料は、毎年度、当該年度分を納入するものとする。

(使用料の還付及び減免)

第10条 条例第8条第3項の規定により使用料の還付を受けようとする者は、ふれあい農園使用料の還付申請書(様式第3号)を提出しなければならない。 
2 条例第8条第4項の規定により使用料の全部又は一部の免除を受けようとする者は、町長にふれあい農園使用料減免申請書(様式第4号)を提出しなければならない。 
3 町長は、前項のふれあい農園使用料減免申請書を受理したときは、これを審査し、ふれあい農園使用料減免決定通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(利用の中止)

第11条 農園の利用を許可された者が、利用を中止しようとするときは、遅滞なく、ふれあい農園利用中止届(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

(管理運営の委託)

第12条 町長は、農園の管理運営事務の一部を公共的団体に委託することができる。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、農園の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則  

(施行期日)

1 この規則は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の吉備町ふれあい農園条例施行規則(平成11年吉備町規則第18号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

ふれあい農園利用申請書はこちらからダウンロードしてください。