現在の位置:有田川町トップページ >  町政 >  各種計画 >  第2次有田川町長期総合計画

第2次有田川町長期総合計画

~川が結び、川が育む、森とまち~ 人が集い、想いを紡ぎ、新しい流れをつくるまち

はじめに・・・
有田川

 平成18年1月1日に旧吉備町、旧金屋町、旧清水町が合併し、有田川町が誕生してから、10 年が過ぎました。この10年は、一つの町としての一体感の醸成が進み、旧3町がそれまで築き上げてきたまちづくりを土台に、有田川町の特徴や有田川町らしさを形成していく時間であったように感じます。
 近年注目の集まっている地方自治体の人口減少問題は、本町においても大きな課題を突きつけるものとなっており、若年人口の減少や少子高齢化のさらなる進展、地域間の人口構成の格差など、長期的な視野に立っての対策が求められています。一方、平成27年度よりスタートした、米国ポートランド市のまちづくりに学ぶ一連の取組を契機として、本町の住民・事業者・職員の中から、若い世代が新しい視点でまちづくりに取り組もうとする芽が育ち始めています。
 こうした若い世代の生き生きとした活動を、みなで後押しできるような町を創っていくことが、町を取り巻くさまざまな課題の解決に向けた一番の対策だと考えています。エコによるまちづくりや絵本によるまちづくり等々の、本町による独自の地方創生施策も動き出しています。今後も国や県の動向をうかがいながら2040年、2060年を見据えた施策に取り組んでいきます。
 こうした状況の中、本町の次の10年のまちづくりの指針として、平成29年度から平成38年度を計画期間とする「第2次有田川町長期総合計画」を策定しました。目指す将来像に掲げた「~川が結び、川が育む、森とまち~ 人が集い、想いを紡ぎ、新しい流れをつくるまち」には、行政と住民がともに知恵を出し合い、新しいチャレンジを続けていくまちづくりを進めたいという願いが込められています。本計画が示すまちづくりの方向性に基づき、住民と行政の協働と創意工夫を活かしたまちづくりを進めていきたいと考えます。
 最後に、本計画の策定にあたり、多くの貴重なご意見をいただきました有田川町長期総合計画審議会委員の皆様をはじめ、アンケート調査、ヒアリング調査等でまちづくりへの意見をお寄せいただいた住民・関係団体の皆様に心からお礼申し上げます。

平成29年 3月   
有田川町長 中山 正隆

第2次有田川町長期総合計画[平成29年3月策定](PDF形式:2.79MB)

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代)
吉備庁舎 企画財政課 Fax 0737-52-3210