現在の位置:有田川町トップページ >  町政 >  行政改革 >  有田川町人材育成基本方針

有田川町人材育成基本方針

~ は じ め に ~

 地方分権時代を迎え、有田川町においても自己決定、自己責任の下に地域固有の政策課題に対応するとともに、新たな発想と創意工夫を凝らした効率的で効果的な施策の展開を図らなければなりません。

 とりわけ当町は、平成18年1月に合併しながらも、その後の財政状況は良好なものとは言えません。また、定員適正化計画に基づき、今後も職員数の削減を図らねばなりません。この状況を打破するためには、現在行っている事業のスクラップアンドビルドは当然のことながら、独自性をもった施策の施行、言い換えれば戦略的に「個性と魅力あるまちづくり」を進めることが必要です。そのためには、目的意識と目標を明確にした「経営戦略」が必要であり、その事業を実行するための「人材戦略」が不可欠となります。立案するのも実行するのも、すべて「人」、すなわち職員だからです。

 優れた人材とチームをもたない組織では、いくら優れた計画があっても、実行力をもつことはできません。先進的な自治体では、既に一歩進んだ「人材戦略」に基づき、人事諸制度や研修改革に取り組んでいます。当町においても、早急に戦略的かつ体系的な「人材育成」の取り組みを進めなければなりません。

 有田川町人材育成基本方針は、このような認識に立ち、当町の人材戦略として策定するものであり、人材育成のマスタープランとなるものなのです。

[本文より抜粋]

有田川町人材育成基本方針(平成22年10月改定) [PDF形式:220KB]
有田川町人材育成基本方針(平成19年4月策定) [PDF形式:239KB]