現在の位置:有田川町トップページ >  ビジネス >  建設等に係る届出・許可 >  埋蔵文化財包蔵地内における土木工事の際の手続き

埋蔵文化財包蔵地内における土木工事の際の手続き

周知の埋蔵文化財包蔵地(古墳・遺跡等)において、土木工事等の各種開発行為を実施する際には、文化財保護法93条第1項の規定に基づき、届出を行う必要があります。
提出された届出は、町教育委員会で受け付けた後、和歌山県教育委員会へ送付を行います。和歌山県教育委員会が受理後、事業内容が検討され、必要な指導が届出者宛に通知されます。(指導事項には通常、慎重工事・工事立会・内容確認調査が必要・発掘調査が必要等があります)この文書は、町教育委員会を経由して送付させていただきます。指示指導が町教育委員会に通知されるまでの期間は不定です。

(1) 届出日 工事着手予定の60日前まで
(2) 関係書類 1)埋蔵文化財発掘届出書(指定の様式)【PDFWORD
2)土木工事を行う位置図、付近見取り図(住宅地図等)
3)土木工事等の概要を示す書類・図面
(土地利用計画図・建物配置図、建物の平・立・断面図、基礎図、地中埋設物に関する図面等)
(3) 提出部数 2部

以上の手続きに必要な関係書類および埋蔵文化財包蔵地の範囲は、町教育委員会社会教育課で把握しており、迅速に届出の必要性を判断できるようにしておりますので、町内で土木工事等の各種開発を実施する際は、事前に町教育委員会までご照会ください。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代)
金屋庁舎 社会教育課 Fax0737-32-4827
清水行政局 教育分室 Fax0737-25-1289