現在の位置:有田川町トップページ >  ビジネス >  企業支援 >  東日本大震災復興緊急保証

東日本大震災復興緊急保証

「東日本大震災復興緊急保証」にかかる認定について

制度の概要
 東日本大震災により直接又は間接被害を受けた中小企業者等が、和歌山県が行う中小企業融資制度(東日本大震災関連融資)をご利用になる際などに、東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律第128条第1項第1号又は第2号に規定する者であって、経営の安定に支障が生じていることについて町長が認定を行います。
東日本大震災復興緊急保証の概要(中小企業庁資料)

■申請について
 下記から認定申請書をダウンロードして、必要事項を記入していただき、必要書類を添付の上、有田川町役場 金屋庁舎 産業課商工観光係までご提出ください。

1 法第128条第1項第1号(特定被災区域※内の事業者)関係
  申請者が、東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律第2条第2項及び第3項の市町村を定める政令第2条第1項及び第2項の指定を受けた市町村(以下「特定被災区域」という。)において震災前から継続して事業を行っている者であって、東日本大震災に起因して、その事業に係る当該震災等の影響を受けた後、次のいずれかに該当すること。

(イ)震災の発生後の最近3か月間の売上高または販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同期に比して10%以上減少していること。
 認定申請書(様式第1(イ))   添付資料(イ) 

(ロ)震災の発生後の最近1か月間の売上高等が前年同月に比して10%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して10%以上減少することが見込まれること。
 認定申請書(様式第1(ロ))   添付資料(ロ)

 

2 法第128条第1項第2号(特定被災区域※外の事業者)関係
申請者が、特定被災区域において事業を行っている東日本大震災発生前からの取引先事業者が東日本大震災に起因する店舗の閉鎖、事業活動の縮小等を実施していることにより、次のいずれかに該当すること。

(イ)震災の発生後の最近3か月間の売上高等が前年同期に比して10%以上減少していること。
 認定申請書(様式第2①(イ))   理由書   添付資料(イ)

 (ロ)震災の発生後の最近1か月間の売上高等が前年同月に比して10%以上減少しておりかつその後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して10%以上減少することが見込まれること。
 認定申請書(様式第2①(ロ))   理由書  添付資料(ロ)


申請者が、東日本大震災に起因する、特定被災区域内の消費者の需要の減少、特定被災区域外の取引先事業者の事業活動の停止等、取引先からの契約解除等、又はイベント自粛によって、次のいずれかに該当すること。

(イ)震災の発生後の最近3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少していること。
 認定申請書(様式第2②(イ))   理由書   添付資料(イ)

(ロ)震災の発生後の最近1か月間の売上高等が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。
 認定申請書(様式第2②(ロ))   理由書   添付資料(ロ)

※特定被災区域…(政令指定)岩手県・宮城県・福島県の全域、青森県・茨城県・栃木県・千葉県・新潟県・長野県の一部の市町村 (特定被災区域の詳細はこちらを参照)

<必要書類>
・直近の決算書または確定申告書 等(業種が分かるもの)
・認定申請書に記入した金額が確認できる書類(試算表など)

■申請についての注意事項
1.(イ)は東日本大震災の発生後3か月間の実績が集計済みである場合に使用し、(ロ)は東日 本大震災の発生後3か月間の実績が未集計である場合に使用します。
2.(ロ)は、震災から3か月間の売上高等の実績が未集計である場合に、1か月の実績とその後2か月を含む3か月間の見込みにより認定することとなっていますが、震災から2か月間の売上高等の実績が集計済みの場合は、2か月の実績とその後1か月を含む3か月間の見込みにより認定を行います。

このページに関するお問合せ先

【電話番号】 0737-52-2111(代表)
金屋庁舎:商工観光課 Fax 0737-32-9555